白内障という病気

白内障は目の病気として有名で、目の中にある水晶体が白く濁ることで視力低下などを起こす病気です。
原因としては目の怪我などの外傷性や他の病気が関わっている先天性、合併や併発によるものなどもありますが、一番多いのは加齢によるもので、加齢が原因の場合は高齢者ほど発症リスクが高まります。
その症状は視力低下以外にも視界が全体的にかすんで見えたり、明るい時と暗い時で見え方が違ったり、光をやけに眩しく感じるなどといった、やはり視力に関係するものばかりです。
そんな白内障ですが、基本的に完治することはありませんが、どんなに症状が進行したとしても、手遅れになることはなく治療は可能です。
まず症状が軽度の場合は、点眼薬を使って症状を進行させないように試みることが一般的な治療法です。
もっとも薬を使ったとしても、水晶体が元通りに透明に戻るわけではありません。
そのためにあくまでこれ以上悪化させないための処置だということを理解しておきましょう。
そして日常生活に支障があるような重度の場合は、濁った水晶体をのぞいて代わりに人工水晶体の眼内レンズを挿入させる手術を執行することになります。
また基本的に眼内レンズは一旦挿入すれば、あとは交換する必要はありません。