金に例えられるビットコイン

ビットコインは、インターネット上で取引される仮想通貨ですが、その価値は金に例えることができるかもしれません。
金の価値は、どこかの政府がお墨付きを与えているわけではありません。
みんなが、金には価値があると思っているから価値があるのです。
もし、みんなが金には価値がないと思ったとしたら、途端に金の価値は下がってしまうでしょう。
ところが、そうならないのはなぜなのでしょうか。
それは、金は埋蔵量が限られている希少なものなので、滅多に手に入らないからです。
欲しい人が多く、利用されるものも多いのに、埋蔵量はそれほど多くないため価値が下がることはありません。
つまり、需要と供給の関係から言うと、供給が需要よりずっと少ないため価値が下がらないのです。
これは、ビットコインでも同じことが言えます。
ビットコインは、minerという採掘管理ソフトで発行量が調節されています。
また、全体の発行量も最初から決められているため、それ以上に多くなるということはありません。
発行量はこれ以上多くならないのに、欲しがる人は多くなる一方です。
そのため、これまで以上に価値が上がることはあっても、下がることはないと考えられます。
もちろん、多くの人が一斉に価値がないと考えるとしたら、それはまた別の話です。